2018-05

映画

映画『いぬやしき』ネタバレなしのレビュー ハリウッド映画にも遜色のない映像がスゴイ! 

木梨憲武、佐藤健の出演している映画『いぬやしき』を、遅ればせながら鑑賞してきました。監督は傑作ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』を撮った佐藤信介監督です。
当ブログのジグザグな歩み

Googleアドセンス不承認【Googleのポリシーに準拠していないサイト】を克服する①

問題なくすんなりと承認されると思っていたのですが、申し込みから数時間後には不承認のメールがGoogleアドセンスより送られてきました。
ジグザグな雑文

【徹底比較】ポテトチップスのり塩 ポテトのスナックには「のり塩味」がとても合う

カルビーも湖池屋も、どちらのものであろうと「ポテトチップスのりしお」は旨い。そんな何の罪もない私に向かって、S氏は一方的に「味音痴!」と罵倒を浴びせて来たのである。
心に響く言葉

【書評】堀江貴文『本音で生きる』 自分の思うとおりに生きる勇気が湧いてくる本

『本音で生きる』に綴られた、堀江さんからの温かい励ましとアドバイスを読んで、自分の思う通りに生きる勇気がこんこんと湧き上がってきました。
映画

映画『日本で一番悪い奴ら』レビュー とにかく綾野剛が良い

『彼女がその名を知らない鳥たち』と、現在、映画館で公開されているヤクザ映画『虎狼の血』が面白かったので、2016年公開の白石和彌監督作品『日本で一番悪い奴ら』を鑑賞しました。
映画

『弧狼の血』ネタバレなしのレビュー 石橋蓮司と江口洋介が光ってる

『仁義なき戦い』や『アウトレイジ』はヤクザ映画ですが、『弧狼の血』はベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡という二人の刑事の物語です。
映画

『彼女がその名を知らない鳥たち』ネタバレなしのレビュー 不自然なベッドシーンに苦言を呈す

陣治の十和子に対する想いと行動を『愛』と呼べるのかどうなのか? と自身に問いかけながら物語を楽しむことがこの映画の見どころです。
ジグザグな雑文

お金の問題じゃありません! 心の問題なんです! キリン生茶は苦かった!

明日は母の日。栃木県に嫁いだ妹が高校の同窓会のために帰省してきたので、本日、兄妹二人で母の墓参りに行った。
心に響く言葉

【書評】『働く君に贈る25の言葉』 強く優しく欲を持ち、自分を磨いて運命を引き受けて生きる

自閉症の長男を育て、うつ病で自殺未遂を繰り返す妻を支え、ビジネスマンとしても一級の活躍を続けた東レ経営研究所特別顧問・佐々木常夫氏の著書『働く君に贈る25の言葉』を読了しました。
心に響く言葉

【書評】 マンガでわかる! 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』は一気読み必至のブラベスト本!
映画

映画『関ケ原』の感想 あの原作を映画にした無謀な挑戦には惜しみなく拍手を送る

映画『関ケ原』は、司馬遼太郎の同名歴史小説を原作とした映画です。期待して鑑賞しましたが、映画としての完成度は残念ながら高いとは言えませんでした。
当ブログのジグザグな歩み

ブログのテーマをSimplicityからCocoonに変更しました 超初心者の方は参考にして下さい 

Googleアドセンスが不承認になったのを機に、ブログのテーマをSimplicityからCocoonに変更しました。
心に響く言葉

【書評】『世界一ふざけた夢の叶え方』 目標をワクワクしながら達成するために読む本

「夢を持っているけれど、まだ何も達成できていない」 そんな葛藤を抱えている方に、是非、読んでもらいたい本を紹介します。