書籍

心に響く言葉

『ちょっとした勉強のコツ』 勝負に勝つための心の持ち方について

私は今までに、工事現場、工場、病院で働いてきたが、「仕事がそこそこ出来る人」と「仕事がもの凄く出来る人」の差は、本当にちょっとしたところにあることに気づいた。
心に響く言葉

岡本太郎著『壁を破る言葉』 強烈に自分らしく生きるために繰り返し読む言葉

一言で言う。 人生、即、芸術。
書籍

【書評】青木真也著『空気を読んではいけない』 運と才能を超える覚悟を持つ方法

自分には運も才能も無かったと言い切る世界チャンピオン。それでも頂点に上り詰め、アジアで最高額のファイトマネーを得るようになれた秘密は何なのか?
書籍

【書評】『陸軍士官学校の人間学』のレビューと『魅力あるリーダー』の12の特徴

『陸軍士官学校の人間学』の書籍レビューと、実際に職業人として社会で出会った『魅力のあるリーダー』の特徴を12個、書き出してみました。
書籍

『ファイト・クラブ』原作小説の感想 タイラー・ダーデンからあなたへの質問

レイモンド・K・K・ハッセル君、きみの夕食は生まれてこの方とった食事のどれよりも美味いことだろう。そして明日はきみのこれまでの人生で最も美しい夜明けが訪れるだろう。
心に響く言葉

【書評】堀江貴文『本音で生きる』 自分の思うとおりに生きる勇気が湧いてくる本

『本音で生きる』に綴られた、堀江さんからの温かい励ましとアドバイスを読んで、自分の思う通りに生きる勇気がこんこんと湧き上がってきました。
心に響く言葉

【書評】『働く君に贈る25の言葉』 強く優しく欲を持ち、自分を磨いて運命を引き受けて生きる

自閉症の長男を育て、うつ病で自殺未遂を繰り返す妻を支え、ビジネスマンとしても一級の活躍を続けた東レ経営研究所特別顧問・佐々木常夫氏の著書『働く君に贈る25の言葉』を読了しました。
心に響く言葉

【書評】 マンガでわかる! 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』は一気読み必至のブラベスト本!
心に響く言葉

【書評】『世界一ふざけた夢の叶え方』 目標をワクワクしながら達成するために読む本

「夢を持っているけれど、まだ何も達成できていない」 そんな葛藤を抱えている方に、是非、読んでもらいたい本を紹介します。
心に響く言葉

読むとリラックスできる山田風太郎のエッセイ『あと千回の晩飯』で出会った武者小路実篤の不思議な文章

何とも言えない飄々とした雰囲気、どこか人生を達観したような視点、歳をとる事・死を迎える事に対してのあっけらかんとした態度、山田風太郎先生のエッセイにはそんな特徴があります。
書籍

『マザーハウス』代表・山口絵理子さんの『裸でも生きる 25歳女性実業家の号泣戦記』は勇気が湧く自伝エッセイ

『裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記』は、発展途上国によるアパレル製品及び雑貨の企画・生産・先進国における販売を行う『マザーハウス』を立ち上げた山口絵理子さんの自伝エッセイ。
心に響く言葉

面白いエッセイ『柴錬ひとりごと』の感想 人間心理が学べる歴史のエピソードを味わう 『教養』を持った人間の強さ

アインシュタインは、『教養とは、学校で学んだことをすべて忘れてしまった後に、残っているもののことである』 との言葉を残しています。
書籍

『はだしのゲン 自伝』 核兵器に対する個人的見解 日本は核を保有すべきか

モズが枯れ木の枝に魚やカエルなどの餌を突き刺して保存しているように、人間も吹き飛ばされて樹木の枝に突き刺さり、ぶら下がっていた。
書籍

『泣き虫しょったんの奇跡 完全版 サラリーマンから将棋のプロへ』は傑作ノンフィクション 迷わず読めよ! 読めばわかるさぁ~!

本日は、面白くて読み応えのあるノンフィクションを紹介します。ブラヴォーの中のベスト、ブラベスト本です。文句なしに面白いです。
心に響く言葉

乾いた心に潤いが必要だと感じている方に読んで欲しいエッセイ『水木さんの幸福論』を紹介します

私は水木しげる先生のエッセイの殆どは読んでいると思います。何とも言えないのんびりした雰囲気がとても良いです。
心に響く言葉

桜井章一著『感情を整える』を読んで、半信半疑というニュートラルな心の状態を学ぶ

ついこの間、何があっても変わらない関係だと信じていた友人と、永遠の決別をした。この世界に永遠に変わらないものは存在しない。
心に響く言葉

『残酷すぎる成功法則』を読んで、科学的な方法を取り入れて人生をより良くする

成功した人生とは何か、という問題はひとまず置いておいて、私は成功した人生を送りたいと思っています。この世を去る瞬間に、「自分の人生はすべてにおいて満足だった」と言い切れるように。
書籍

『炎上上等』を読んで『信念を貫く』を学ぶ

日ごろ、この国の政治家たちの言動や振る舞いに歯がゆい思いを感じている私は読んでいてスカッとした気持ちになりました。
書籍

『科学的に元気になる方法を集めました』を参考に、口癖および心の中でつぶやく言葉を考えてみた

明治大学教授の堀田秀吾さんが著した書籍、『科学的に元気になる方法集めました』の中で、言葉を実際に声に出して言う事の効果について書かれていました。
書籍

『迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか』は、遺伝子と進化にまつわる面白い知識が得られるおすすめ本

遺伝子学なんてまったく何も知らない私が読んでも面白く、脳のどこかにあるであろう知的興奮刺激中枢(そんなもの無いかも)を適度にプッシュされました。