心に響く言葉

心に響く言葉

『ちょっとした勉強のコツ』 勝負に勝つための心の持ち方について

私は今までに、工事現場、工場、病院で働いてきたが、「仕事がそこそこ出来る人」と「仕事がもの凄く出来る人」の差は、本当にちょっとしたところにあることに気づいた。
心に響く言葉

岡本太郎著『壁を破る言葉』 強烈に自分らしく生きるために繰り返し読む言葉

一言で言う。 人生、即、芸術。
心に響く言葉

無念の敗戦という経験を人間そのものの強さに変えて自分に誇りを持つ方法

人生の苦難に直面した時に、土壇場のギリギリで必死に踏みとどまらせる「人間そのものの強さ」とは何でしょうか?
心に響く言葉

【書評】堀江貴文『本音で生きる』 自分の思うとおりに生きる勇気が湧いてくる本

『本音で生きる』に綴られた、堀江さんからの温かい励ましとアドバイスを読んで、自分の思う通りに生きる勇気がこんこんと湧き上がってきました。
心に響く言葉

【書評】『働く君に贈る25の言葉』 強く優しく欲を持ち、自分を磨いて運命を引き受けて生きる

自閉症の長男を育て、うつ病で自殺未遂を繰り返す妻を支え、ビジネスマンとしても一級の活躍を続けた東レ経営研究所特別顧問・佐々木常夫氏の著書『働く君に贈る25の言葉』を読了しました。
心に響く言葉

【書評】 マンガでわかる! 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』は一気読み必至のブラベスト本!
心に響く言葉

【書評】『世界一ふざけた夢の叶え方』 目標をワクワクしながら達成するために読む本

「夢を持っているけれど、まだ何も達成できていない」 そんな葛藤を抱えている方に、是非、読んでもらいたい本を紹介します。
心に響く言葉

読むとリラックスできる山田風太郎のエッセイ『あと千回の晩飯』で出会った武者小路実篤の不思議な文章

何とも言えない飄々とした雰囲気、どこか人生を達観したような視点、歳をとる事・死を迎える事に対してのあっけらかんとした態度、山田風太郎先生のエッセイにはそんな特徴があります。
心に響く言葉

面白いエッセイ『柴錬ひとりごと』の感想 人間心理が学べる歴史のエピソードを味わう 『教養』を持った人間の強さ

アインシュタインは、『教養とは、学校で学んだことをすべて忘れてしまった後に、残っているもののことである』 との言葉を残しています。
当ブログのジグザグな歩み

人気ブロガーを目指す私と、『理想や夢』に向けた歩みが進まないことに悩んでいるあなたへ贈るニーチェの言葉

あなたには『理想』や『夢』がありますか?
当ブログのジグザグな歩み

ニーチェが教えてくれた人気ブログを育てるために必要な二つの要素

人生経験を積むうちに何となく感じていたことを、ニーチェは言語化して理解を深めさせてくれる。
ジグザグな雑文

一度きりの人生はあなた(私も含める)自身のもの 覚醒と不屈の人生を歩む

本当に心を砕いて見つめなければならないのは、「自分の人生をどう生きるか?」であるはずなのに、私たちは多くの時間を割いて別のことを考えてしまう。
心に響く言葉

乾いた心に潤いが必要だと感じている方に読んで欲しいエッセイ『水木さんの幸福論』を紹介します

私は水木しげる先生のエッセイの殆どは読んでいると思います。何とも言えないのんびりした雰囲気がとても良いです。
心に響く言葉

桜井章一著『感情を整える』を読んで、半信半疑というニュートラルな心の状態を学ぶ

ついこの間、何があっても変わらない関係だと信じていた友人と、永遠の決別をした。この世界に永遠に変わらないものは存在しない。
心に響く言葉

『残酷すぎる成功法則』を読んで、科学的な方法を取り入れて人生をより良くする

成功した人生とは何か、という問題はひとまず置いておいて、私は成功した人生を送りたいと思っています。この世を去る瞬間に、「自分の人生はすべてにおいて満足だった」と言い切れるように。
心に響く言葉

ニーチェも言っていた、その人の外見に表れる『人間の内面』について

何かに熱中して取り組んでいる姿ではなく、ただ単に歩いている姿形に、何となくその人の個性の本質的な部分がにじみ出ているような気がする。
心に響く言葉

論語を学ぶ 『子四つを絶つ』は人間関係の極意

より良い人生を切り拓いていくために、心を込めて『論語』を学んでいきます。学んだだけではなく、実人生に孔子の言葉を活かせるようにしていかなければならないと思います。
心に響く言葉

ニーチェが教えてくれた生理的嫌悪を持っている人物と接する時の心構え

同じ職場に生理的嫌悪を持ってしまうような人物がいる私の心を、少しだけニーチェの言葉が軽くしてくれました。
ジグザグな雑文

桜井章一『運命を変える本物の言葉』を読んで、私は激しきジグザグを生きる

桜井章一さんは、裏世界で麻雀の代打ちを行い、いくつもの修羅場を潜り抜けて20年間無敗の雀鬼と呼ばれた伝説の人物です。
心に響く言葉

私が消えた後も世界は変わらず美しい『「死の医学」への序章』と『夜と霧』はブラベスト本

『「死の医学」への序章』は、前立腺がんを患った精神科医・西川喜作氏の闘病記、ノート、手紙を題材に、ノンフィクション作家である柳田邦男が末期医療や人間の死生観について書いた本です。