ジグザグな雑文

ジグザグな雑文

人生最大の意味の無い質問をしてメチャクチャ怒鳴られた話

私は二十代の頃、公共工事を請け負って現場の監督業務を行っている建設会社に勤めていました。建設業は死亡事故や後遺症の残る重大な事故に遭遇する確率が高い危険な仕事です。
ジグザグな雑文

看護師として病院に勤務している時に経験した不思議な出来事

介護・看護の現場で働き始めて約20年。仕事をしていく上で様々な経験をさせてもらいましたが、今日はその中で私が不思議だなと感じた三つの出来事について書きたいと思います。
ジグザグな雑文

No.35ザガピカ、春のかつ丼祭り(暗黒大陸編)

私はザガピカ、かつ丼をこよなく愛している。無性に『かつ丼』が食べたくなると、私の瞳は赤みが増す。
ジグザグな雑文

みかんとミニ四駆とトムとジェリーと冬のツタヤ

私は面倒くさがり屋さんだ。『面倒くさがり』を専門に扱っている業者だと思ってもらって良い。
ジグザグな雑文

世界で一番美味しい甘酒(トメさん印)

先日、87歳の笑顔が素敵なおばあちゃん、山田トメさん(仮名)のご自宅に、訪問看護師としてサービスのために伺った。
ジグザグな雑文

桜井章一『運命を変える本物の言葉』を読んで、私は激しきジグザグを生きる

桜井章一さんは、裏世界で麻雀の代打ちを行い、いくつもの修羅場を潜り抜けて20年間無敗の雀鬼と呼ばれた伝説の人物です。
ジグザグな雑文

私の手首の親指側にできた軟骨のような腫れは『ガングリオン』でした

一ヶ月ほど前から急に、左の手首にしこりのようなものが出来てしまいました。場所はちょうど橈骨動脈が触れる位置です。
ジグザグな雑文

私の脳裏に焼き付いて離れないある友人の苦悶の表情

額には汗がにじんでいた。両こぶしを硬く握り締めて全身が小刻みに震えている。口から絞り出された言葉が、状況がかなり切迫していることを物語っていた。
ジグザグな雑文

ザガー、冬のココイチ祭り(しょっちゅう開催)

CoCo壱番屋のカレーは世間的には確かにカレーなのだが、私にとっては最早、カレーというカテゴリーからは完全に独立した食べ物である。
ジグザグな雑文

心の機微がわかる人間になりたい

人の心を深く思いやり、言葉や行動で相手を包み込んであげられるような人間に私はなりたい。
ジグザグな雑文

元日に2018年の計を練る

皆さま、温かい眼差しで、当ブログ『果てなきジグザグ』を見守って下さいませ。2018年も、よろしくお願いいたします。
ジグザグな雑文

大晦日に2017年を振り返る

皆さま、温かい眼差しで、当ブログ『果てなきジグザグ』を見守って下さい。2017年、ありがとうございました。
ジグザグな雑文

クリスマスプレゼントに大切なのは、何を贈るかではなくてどんな気持ちで贈るかであると思える人間になりたい

私の友人のA子さんには、結婚を考えている彼氏がいます。付き合って十年目、A子さんは今年で三十歳になります。A子さんは悩んでいます。
ジグザグな雑文

DNAのスゴさを見せつけられるような平和な公園での出来事(鳥さん嫌いのDNA)

それにしても遺伝子、DNAというのはスゴイ。一体、どこまで私たちは、この遺伝情報というヤツに支配されているのだろうか?
ジグザグな雑文

駐車場にて野村 沙知代似のアサシンが敵を見誤って銃を乱射する話

駐車場で車を降りた時、五十代後半くらいでスーツ姿のおばちゃん(野村 沙知代似)が、停められている自動車に向かって歩きながらキーレスエントリーで解錠しようとしているのを見た。
ジグザグな雑文

バイエルン地方の魅惑的な娘(アルトバイエルンは甘酸っぱい危険な恋の味)

ブログの文章を一つ書き上げて小腹が減り、冷蔵庫を開けるとアルトバイエルンがあった。賞味期限を確認すると15日前に切れていた。
ジグザグな雑文

映画『タイタニック』で号泣する女の恋が沈没したのはやはり『タイタニック』が原因なのか

休憩時間に職場の同僚と、今までで一番泣いた映画について話し合った。素晴らし映画を観ることは、人生の大きな贅沢の一つだと私は思っている。
ジグザグな雑文

M-1グランプリ2017の感想 私のぶっちぎりは『ジャルジャル』ピンポンパンゲーム

私は漫才が大好きです。子供の頃から、漫才が好きで、44歳になった今でも漫才好きは続いています。漫才は、日本が世界に誇るエンターテイメントだと思っています。
ジグザグな雑文

NO.1は勘違いから始まる 男前の雰囲気は根拠のない自信から生まれる

今日は、私が勇気をもらった言葉を紹介したいと思います。それは、「NO.1は勘違いから始まる」です。