鶏マカ食堂 奮戦記⑪ 日本政策金融公庫の融資が決定する

鶏マカ食堂

 

※ これは巨大飲食チェーン店『鶏マカ食堂』を築く、真実のストーリー(現在進行形)である。

日本政策金融公庫の面談当日

スーツに身を包んだ私は、いささかの緊張を纏って日本政策金融公庫の面談に赴いた。この融資が決定しなくても自己資金で何とかなるとは思うが、やはり当面の資金は潤沢にあった方が良い。

面談は午前10時の予定であったので、私は時間を見計らって9時58分に公庫の玄関をくぐった。

ザガー
ファイトォ~! いっぱぁ~つ!

面談

面談は、30代の女性職員が一人で行ってくれた。私の想像では、いかついおっさんに囲まれて質問攻めのされる場面を思い浮かべていたのでちょっとだけ安心した。

ザガー
気を抜かないようにしなければ!

私が前もって提出していた創業計画などの書類に目を通しながら、穏やかな表情で女性職員の方が私にいくつかの質問をした。

女性職員
この事業を通して、一番実現したいことは何ですか?

本音を隠さずに「お金もうけです!」と元気溌溂つに答えようかとも思ったが、やはりここは『本音と建て前』という日本の流儀に則って答えておくことにした。

ザガー
社会で頑張って働く若い男性に、明日の活力を養えるような刺激的で美味しい料理を喜んで食べてもらうことが私の一番実現したいことです

言葉に出して言うと、自ら発したその言葉が、妙に自分に対して強い説得力を持って迫ってくるような気がした。

女性職員
この事業の同業他社に対する強みは何ですか?
ザガー
第一にレシピです。味が良く、下ごしらえさえしておけば、営業時の調理は比較的短時間で行うことができます。既存のチェーン店に、私がチョイスしたラインナップで営業している所はありません

その他にも、人件費削減を見据えた戦略についていくつか説明した。まあ、実際は、営業を始めてみなければ、その戦略が通用するものなのかは判らないが(何しろ飲食店で勤務した経験は皆無)、スティーブ・ジョブスが乗り移ったかのように自信満々で私は答えた。

女性職員
面談は以上です。融資の可否については、三週間程度で郵送でご連絡いたします

融資決定の通知来る

面談から約一ヶ月が経過したある日、仕事を終えて携帯を見ると、日本政策金融公庫からの着信があった。急いコールバックをしたが、既に金融公庫の営業時間は終わっていた。

ザガー
合格か不合格かどっちなんだろう…

翌日、再度コールバックをすると、面談をしてくれた女性職員が結果を教えてくれた。

女性職員
この度は、融資が決定いたしましたので、郵送でお送りした書類に記入して下さるようにお願いいたします
ザガー
ありがとうございます!

 

鶏マカ食堂 奮戦記⑫へ続く

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前に進む。たとえジグザグであろうとも。

 

 

Follow me!

コメント