アカデミー作品賞受賞『グリーンブック』のレビュー 映画の後にはKFCに行きましょう

映画

久しぶりに映画を観に行ってきました。鑑賞した作品は、アカデミー作品賞受賞作の『グリーンブック』、原題は『Green Book』2018年のアメリカ映画です。

Mr.ムービー
 それじゃあ、ストーリー紹介ヨロシク!

ストーリー紹介

「ストーリーは以下の通り」

時は1962年、クラブのバウンサー(用心棒)として働く粗野でガサツなイタリア系アメリカ人のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、貧しいながらも愛する家族に囲まれて幸せに暮らしていた。

勤めていたクラブがしばらくの間休業することになったため、トニーは収入を得るためにアフリカ系アメリカ人のピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として黒人に対する差別感情の強いアメリカ南部でのコンサートツアーに同行して回ることにしたのだった…。

『Green Book』(2018年)〈アメリカ映画〉

Mr.ムービー
レビューもネタバレ無しでヨロシク!

これだけは言わせて欲しいこと

タイトルになっている『Green Book』は、ヴィクター・ヒューゴ・グリーンによって1936~1966年の間に出版されていた“黒人が利用可能な施設を記した旅行ガイドブック”の名前です。圧倒的な暴力を背景に虐げられていた黒人が、安全に旅行をするために知恵と勇気で紡ぎ出したガイドブックです。

『人種差別』という問題がこの作品の大きなテーマの一つではあるのですが、『人種差別』だけにフォーカスしてしまうと色々な主義や主張、物事の捉え方によってこの二人の友情物語がぼやけて見えてしまう事でしょう。

ネット上に書かれているこの映画への批判的な意見は、

「差別の描き方が生ぬるい」

「差別している側である白人が差別的な考えを少し改めただけで、差別される側である黒人を救うという自己満足に浸るための映画」

等があります。

アメリカにおける黒人に対する差別問題を実際に目にしたり経験したりしていない、日本に住んでいる私としては、そのような批判的な意見があることを理解することはできます。

理解することは出来ますが、この映画そのものを批判的な視点で捉えることは出来ませんでした。

正直、私は良い映画だと思いました。この映画は、異なる価値観を持った二人の男たちが、ぶつかり合いながら友情を育む温かなヒューマンストーリーです。

実話をもとに作られており、トニー・リップもドクター・シャーリーも実在の人物です。映画ではちょっと二人の個性を強調しようとして大袈裟な演出がされているように感じましたが、決して嫌なタイプの誇張ではありませんでした。

映画の中でも説明されていますが、トニー・リップはニックネームで、本名をフランク・アンソニー・ヴァレロンガと言います。この方は後に俳優となり、『ゴッドファーザー』や『グッドフェローズ』などの作品に出演しています。

ドクター・シャーリーは本名をドン・シャーリーと言い、実在した天才ピアニストです。この方の実際の演奏を聴いてみたいです。

 

映画ではコンサートツアーは10月からクリスマス・イブまでとして描かれていましたが、実際には一年半もの期間に及んだそうです。

Mr.ムービー
一年半もの間、一台の車で二人で旅を続けるって、親友にでもならなきゃ無理だよね!

※ 実際の二人は友情を築くまでには至らなかったとも言われているようです。

キャストについて

粗野でガサツなイタリア系アメリカ人のトニーを演じたのはヴィゴ・モーテンセンです。外見は非常にこのキャラクターにあっているのですが、体型がケンカの強いタイプには見えませんでした。ギリギリ許せるか、許せないか判断に迷う体型でした。

Mr.ムービー
そんなのどうでも良くね? (笑)

天才ピアニスト、ドクター・シャーリーを演じたのは、マハーシャラ・アリです。このドクター・シャーリー役でアカデミー助演男優賞を受賞しています。存在感があって、繊細で品が良く、確かに素晴らしい演技でした。

Mr.ムービー
二度目のアカデミー助演男優賞受賞ってすごくね? (笑)

この映画の見どころ

別々の場所で生まれ育った価値観も性格もまるで違う男同士が、互いの生き様や人間性に触発されて、時に反発してぶつかり合いながらも友情を築いていくワクワクする感じがこの映画の見どころです。

Mr.ムービー
友情って本当に良いもんですね!

題名について

原題は、『Green Book』、邦題もそのまま『グリーンブック』となっています。

この題名はこれで悪くはないのですが、『グリーンブック』というガイドブックの持つ歴史的な意味合いの大きさを考えると、映画の内容にはあまりそぐわない印象を受けます。

悪くはない題名ですが、せめて邦題にはもう少しひねりが欲しかったような気がします。

と言うことで、私がこの映画に題名をつけるとしたら何だろうか? と考えてみました。

Mr.ムービー
ひねる必要ある?

それでは発表します。

 

 

『フライドチキンの旨い食い方』

Mr.ムービー
う~ん、却下! (笑)

結論

  • 『グリーンブック』、非常に面白い、良い映画でした。
  • 男二人がぶつかり合いながら友情を築いていく過程が楽しい映画でした。
  • ある意味適当男であるトニー・リップの、大らかさと真っ直ぐさがとても良いです。
  • 主人公である二人のキャラクターがとても魅力的です。
  • 人種差別の問題にフォーカスをあてて身構えて鑑賞してしまうよりは、娯楽作品と割り切って楽しみながら観ることをお勧めします。
  • ほのぼのとした気持ちになりたい方には、是非ともおススメの作品です。
Mr.ムービー
じゃあ、KFCに行ってきま~す! (笑)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前に進む。たとえジグザグであろうとも。

Follow me!

コメント