単管パイプによる自作ディップススタンドの作り方(荷重ディップスも余裕のスタンド)

筋トレ

単管パイプによる自作ディップススタンド

 

自宅で荷重ディップスを行う

自宅で荷重して安全にディップスを行うために、私は自作したディップススタンドを使用しています。

最初はイスを二つ並べてディップスを行っていたのですが、非常に不安定な上に壊れてしまいそうでした。そこで、良さそうなディップススタンドを探したのですが、なかなか「これだ!」と思える製品が見つかりませんでした。

だったら

自分で作れないだろうか?

と考えて、『自作ディップススタンド』で検索してみるといくつかの記事にヒットしました。ヒットした記事を参考にして、単管パイプによるディップススタンドを自分で作成してみました。

今回は、私が作成した方法を紹介します。

自作ディップススタンド使用材料

①単管パイプ1m 6本(¥448×6)

②直交クランプ 4個(¥632×4)

③折りたたみブラケット500㎜ 2個(¥1,480×2)

④固定ベース 4個(¥238×4)

⑤単管キャップ 8個(¥25×8)

合計¥7,432

自作ディップススタンド作成手順

①固定ベースを四隅に置く。

②固定ベースに単管パイプを立てる。

③折りたたみブラケットを両端に取り付ける。

※ ブラケットの上の部分が水平になるように、高さを合わせて取り付けて下さい。

④直交クランプを取り付ける。

※ ディップスを行うバーが水平になるように、四か所の直交クランプが同じ高さになるように取り付けて下さい。私は単管パイプの上端から4㎝の位置に取り付けました。

⑤取り付けた直交クランプに単管パイプを取り付ける。

⑥単管キャップを取り付ける。

⑦完成。

自作ディップススタンド使用レビュー

  • 体重約72㎏の私が、40㎏の荷重をしてディップスを行ってもビクともしません。
  • 安定感は抜群です!
  • 左右の幅も丁度良いです!
  • 大変満足です!

 

最後に

  • 荷重をした状態でディップスを行って、組み立てたディップススタンドが壊れてしまわないようにボルトはしっかりと締め付けて下さい。
  • 筋トレは、とにかく安全第一で行いましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前に進む。たとえジグザグであろうとも。

 

Follow me!

コメント