『万引き家族』ネタバレなしのレビュー 底抜けに優しい父親と一瞬の家族の物語 

映画

映画『万引き家族』

 

はじめに

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールを獲得した是枝裕和監督作品『万引き家族』を劇場で鑑賞してきました。

日本人監督のパルム・ドール受賞は、1997年の今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶりの快挙です。

Mr.ムービー
作品紹介いってみよう!

ストーリー

「ストーリーは以下の通り」

東京の下町で日雇いの仕事をする父親(リリー・フランキー)は、長男の祥太(城桧吏・じょう かいり)と万引きを繰り返していた。

家族の母親(安藤サクラ)はクリーニング店で働き、長女の亜紀(松岡茉優)は風俗店でアルバイトをしていたが生活は苦しく、祖母である初枝(樹木希林)の年金が頼りだった。

五人は社会の底辺で暮らしていたが、笑顔の絶えない仲の良い家族だった。

冬のある日、近所の団地のベランダで幼い女の子が震えているのを見つけた父親は、見るに見かねて自宅に連れて帰ることにした。

自分の名前をユリ(佐々木みゆ)と名乗った少女には、体中に虐待で受けた傷跡が無数にあるのだった…。

『万引き家族』(2018年)〈日本映画〉

Mr.ムービー
レビューいってみよう!

これだけは言わせて欲しいこと

大きな事件も起きなければ、見せ場となるようなアクションもひとつもありません。

しかし、映画に思い切り引き込まれてしまいました。

わざとらしい演出も演技も皆無で、映し出される社会の底辺の暮らしぶりも非常にリアルです。

まるでドキュメンタリーを観ているような、そんな錯覚をしてしまう瞬間が何度もありました。だからこそ観客は、淡々とした物語なのにも関わらず、登場する家族の一人一人に思い切り感情移入することができます。

この作品を最高賞に選んだカンヌ国際映画祭に、私は惜しみなく拍手を送りたいと思います。

Mr.ムービー
ブラボー!

キャストについて

家族の父親役であるリリー・フランキー、母親役である安藤サクラ、祖母役の樹木希林が素晴らしいのはもちろんのこと、子役二人の演技がとてつもなく切なさを誘います。

少しだけの出演でしたが、近所の駄菓子屋のおじいちゃん役の柄本明には大きな存在感がありました。

色々と考えさせられる映画なんですが、安藤サクラから滲み出す母性がこの映画に更なる深みを与えています。

松岡茉優はこの役には可愛すぎて映画が不自然になってしまうんじゃないかと不安に思っていましたが、家族の一員として自然に溶け込んでいました。名女優です。

Mr.ムービー
子役の演技に打ち震える!

登場人物について

幼い子供に万引きを教える倫理観を認めることはできませんが、そこを補って余りある人間としての魅力が父親にはあります。父親は底抜けに優しいのです。

社会の底辺で寄り添いあって暮らす家族の一人一人に、決して癒えることのない心の傷があります。過去の傷に押しつぶされそうな家族たちは、倫理観は歪んでいるけれど底抜けに優しい父親に包まれることで幸福に寄り添いあえたのです。

柄本明の演じた駄菓子屋の店主の優しさもまた、祥太の心の中に芽生えた「自分なりの正しい生き方」を選択させる決断を促します。

果たして決断が正しかったかどうかは今後の祥太の生き方次第ですが、私は、その決断によって人生を大きく左右されたユリの幸福を願わずにはいられませんでした。

Mr.ムービー
登場人物はそれぞれの傷を持って社会の底辺で暮らしていますが悲壮感はゼロ!

この映画の見どころ

貧しくても幸福な家族の姿が、世間の倫理観にはとらわれない父親のあっけらかんとした日常の場面が、傷を負った人間が寄り添いあうことで築く幸せの描写がこの映画の見どころです。

美しい景色どころか、散らかった小汚い一軒家の場面の多い映画ですが、何故か美しく感じてしまう映像も見どころの一つです。

Mr.ムービー
小汚さにもリアリティーがあるね!

題名について

題名は『万引き家族』です。

何のひねりもありませんが、この映画の内容にも合っていてとても良い題名です。

Mr.ムービー
そういうの良いから、さっさとオリジナルな「題名」考えんか~い! (笑)
ザガー
じゃあ、考えてみるね♡ (笑)

と、言う事で、ちょっとこの映画に私が題名を付けるとしたらを考えてみたいと思います。

『う~ん…』

ザガー
ポン、ポン、ポン、ポン、チ~ン! (一休さん風)

『閃いた!』

 

それでは発表します。

3

2

1

『一瞬の家族が過ごした永遠の季節』

Mr.ムービー
なんだかよくわかんない! (笑)

結論

  • 『万引き家族』、パルム・ドール受賞も頷ける素晴らしい映画です。
  • 俳優の演技も演出も、まるでドキュメンタリーを観ているかと錯覚するほどのリアリティーがあります。
  • この映画に描かれている社会の底辺の暮らしが、日本という国の現状を下手なドキュメンタリーよりも雄弁に映し出しています。
  • ひと昔前であれば、天才子役としてもてはやされる以上の名演技を二人の子役が見せてくれます。
  • 大きな事件も起きなければ、見せ場となるようなアクションも、物語にカタルシスがある訳でもないのに、物語に引き込まれて画面に目が釘付けになってしまいます。
  • 幸福とは何か? とっても考えさせられる映画です。
  • 是非、映画館に観に行って欲しい、大人向けの映画です。
Mr.ムービー
『万引き家族』、超おすすめ映画です!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

前に進む。たとえジグザグであろうとも。

Follow me!

コメント