『デッドプール2』ネタバレなしのレビュー デップー好きのためのお祭り映画!

映画

映画『デッドプール2』

 

はじめに

ツイッターで大絶賛されている方がいたので、2016年公開の第一作目『デッドプール』をレンタルしてブログに感想をアップしてから、本作品『デッドプール2』を映画館で鑑賞してきました。

大人のヒーロー映画『デッドプール』ネタバレなしのレビュー
あちこちで大絶賛されている『デッドプール2』を映画館で鑑賞したくなり、未見であった2016年公開の第一作目『デッドプール』をレンタルしてきました。

『デッドプール』は、アメコミのスーパーヒーローの名前です。

この映画はスーパーヒーローが主役なのにもかかわらずR15+となっていますので、鑑賞対象者は子供たちではなく完全に大人です。

確かに、この映画は子供たちには観せられません。

Mr.ムービー
 作品紹介いってみよう!

ストーリー

「ストーリーは以下の通り」

ぶっ飛んだ正義の味方デッドプール(ライアン・レイノルズ)が、未来から来た“マシーン人間”のケーブル(ジョシュ・ブローリン)に狙われた少年ミュータントを守るために、特殊な野力を持ったメンバーたちを集めて「Xフォース」を結成したのだった…。

『デッドプール2』(2018年)〈アメリカ映画〉

Mr.ムービー
レビューいってみよう!

これだけは言わせて欲しいこと

ド派手でちょっとグロテスクなアクションシーンや、結構きつめなブラックジョーク、様々な映画へのオマージュは今回も健在です。

デップーが集結させた「Xフォース」の扱い方は、デッドプールらしくて笑いました。

イントロでデップーちゃんが世界中の悪者を相手に大暴れするのですが、「Tokyo」の場面で描かれた日本のイメージが如何にも「ハリウッド映画が描くジャパン」っぽくて面白かったです。

この映画の性質からして、その如何にもなジャパン描写もわざとだったのかも知れません。

Mr.ムービー
健在と言うより、思い切りパワーアップされてたね!

キャストについて

インド人タクシー運転手のドーピンダー(カラン・ソーニ)の出番は増えていて嬉しいのですが、モリーナ・バッカリン演じるヴァネッサの登場シーンが少なかったです。傑作ドラマ『ホームランド』以来のモリーナ・ファンである私としては、ちょっと残念でした。

マット・デイモン(特殊メイクをしているので気付きにくい)、ブラッド・ピッド(ほんの一瞬だけ)、ヒュー・ジャックマン(もちろんウルヴァリンとして)も映画に登場しています。

どこに登場してくるかも、ワクワクして楽しめます。

Mr.ムービー
ウルヴァリンのオーラ・存在感がスゴイ!

登場人物について

ウィーゼル(バーを経営するデップーのマブダチ)の飄々としたマイペースさや、コロッサス(全身を生体金属でコーティングした怪力ミュータント)のおバカ優等生ぶりは、今回もほのぼのとした笑いを誘ってくれます。

ぶっ飛んでいて毒のあるキャラクターの主人公ウェイド・ウィルソンは、相変わらず全てを茶化してふざけまくりで最高です。

Mr.ムービー
いや~、さすがデップーちゃん!

この映画の見どころ

この映画『デッドプール2』にも、前作『デッドプール』と同様、いくつもの見どころがあります。

イントロのデップーちゃんが世界各地で暴れまわるシーンには心が躍りました。

「Xフォース」の一員である運を操るアフロ女性ドミノ(ザジー・ビーツ)の、運任せな戦いもアイデアが非常に良く練られています。

Mr.ムービー
デッドプール最高~! ってなるぜ!

題名について

『デッドプール2』という題名は、シンプルで良い題名です!

Mr.ムービー
とかなんとか言ってないで、今日もさっさとオリジナルな「題名」考えんか~い! (笑)
ザガー
じゃあ、考えるね♡ (笑)

と、言う事で、ちょっとこの映画に私が題名を付けるとしたらを考えてみたいと思います。

『う~ん…』

ザガー
ポン、ポン、ポン、ポン、チ~ン! (一休さん風)

『閃いた!』

 

それでは発表します。

3

2

1

『いくぜ俺ちゃん、デップーちゃん2!』

Mr.ムービー
前作と一緒やないか~い! (笑)

結論

  • 『デッドプール2』、面白い映画でした。
  • 会話もアクションも前作同様にキレキレです。
  • アクションシーンの面白さと衝撃度は、前作のが少し上だと感じました(こっちはこっちで良いのですが、前作があまりにも良過ぎました)。
  • 過去の映画作品やヒーローに対するオマージュが今回も散りばめられていますが、知識が無くても充分楽しめますし、知識があればもっと楽しめるでしょう。
  • 前作では完璧だった観客を退屈させないための工夫が、今回は少し失敗している感が否めません。中盤のミュータント刑務所に囚われるあたりのストーリー展開に、少し中だるみを感じてしまうのです。
  • 前作同様、多少グロテスクなシーンもありますので、苦手な人にはきついかも知れません。
  • 前作同様、大人が充分に楽しめるヒーロー映画です。
  • 『デッドプール2』は、デップー好きのためのお祭り映画です。
Mr.ムービー
デップー好きは映画館に急ぐんだ!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

前に進む。たとえジグザグであろうとも。

Follow me!

コメント