『弧狼の血』ネタバレなしのレビュー 石橋蓮司と江口洋介が光ってる

映画

映画『弧狼の血』

 

Mr.ムービー
『アウトレイジ』に対する「東映の答え」を観てきたんじゃけえの、読んでつかあさい(笑)

 

はじめに

現在、映画館で公開されているヤクザ映画『虎狼の血』を鑑賞してきました。

2013年公開の『凶悪』、2016年の『日本で一番悪い奴ら』、2017年の『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌監督作品です。

【『彼女がその名を知らない鳥たち』ネタバレなしのレビュー】

『彼女がその名を知らない鳥たち』ネタバレなしのレビュー 不自然なベッドシーンに苦言を呈す
陣治の十和子に対する想いと行動を『愛』と呼べるのかどうなのか? と自身に問いかけながら物語を楽しむことがこの映画の見どころです。

出演は、役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、江口洋介、中村獅童、ピエール瀧、石橋蓮司の豪華なキャスト陣です。

原作は柚月 裕子の同名小説『弧狼の血』で、日本推理作家協会賞を受賞しています。

孤狼の血 (角川文庫)

孤狼の血 (角川文庫)

posted with amazlet at 18.05.21
柚月裕子
KADOKAWA (2017-08-25)
売り上げランキング: 151

この原作小説には、主人公である若手刑事・日岡のその後を描いた続編、『狂犬の眼』も出版されています。

凶犬の眼

凶犬の眼

posted with amazlet at 18.05.21
柚月裕子
KADOKAWA (2018-03-30)
売り上げランキング: 496

 

予告編のナレーターが、「『仁義なき戦い』の東映が放つ、魂を震わす傑作!!」と言い、古舘伊知郎が「『アウトレイジ』に対する東映の答えですね」と、推薦コメントで言っています。

【『アウトレイジ』のレビュー】

『アウトレイジ』(2010年)〈日本映画〉を観直したら、ゴーヤ・チャンプル現象が起きたので報告します
本日は、そのうちレンタルが開始されるであろう『アウトレイジ最終章』を観るのに備えて『アウトレイジ』を再度、鑑賞しました。

【『アウトレイジ最終章』のレビュー】

『アウトレイジ最終章』の感想  これで終わりなんて寂しいじゃねえか! バカ野郎!
『アウトレイジ 最終章』はご存知、北野 武監督による日本のヤクザ映画『アウトレイジ』シリーズの三作目、完結編です。
Mr.ムービー
作品紹介いっちゃらんかい!

ストーリー

「ストーリーは以下の通り」

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原―。

そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。

そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。

失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。

警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。

映画『孤狼の血』公式サイト より

『弧狼の血』(2018年)〈日本映画〉

Mr.ムービー
レビューもいっちゃらんかい!

これだけは言わせて欲しいこと

①ヤクザ映画と言うよりは刑事もの

傑作ヤクザ映画である『仁義なき戦い』『アウトレイジ』をイメージして映画館に行くと、肩透かしを食らうかも知れません。

私は思い切り食らいました。

『仁義なき戦い』の「広能」や『アウトレイジ』の主人公「大友」のような、圧倒的なカリスマ性を持った人物は登場しません。これは、毛色が違うというだけで、決してこの『弧狼の血』が『仁義なき戦い』や『アウトレイジ』と比べて劣ると言っている訳ではありません。

ヤクザが登場する映画なのですがカテゴリーが違うのです。

『仁義なき戦い』や『アウトレイジ』はヤクザ映画ですが、『弧狼の血』はベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡という二人の刑事の物語なのです。

ですので、

「『仁義なき戦い』の東映が放つ、魂を震わす傑作!!」ではなく、「『刑事物語』の東映が放つ、魂を震わす傑作!!」

であり、

「『アウトレイジ』に対する東映の答えですね」ではなく、「『その男、凶暴につき』に対する

東映の答えですね」

なのです。

Mr.ムービー
そうかも知れんが、宣伝としてそれだとちょっと弱いじゃろうが!

②空手家には見えない正拳突き

若手刑事の日岡は空手の有段者という設定です。相当練習を積んだのでしょう、演じている松坂桃李が素晴らしいアクションを見せてくれます。

しかし、映画の中で正拳突きを相手の顔面に叩き込む寸前で止めるという場面があるのですが、その際の正拳突きがひどいです。手首の角度がまるでなっていません。空手三段の私からするとまったく空手家には見えませんでした。

Mr.ムービー
見るとこが細か過ぎるんじゃ!

③セリフが聴き取りにくい場面がある

セリフが聴き取りにくい場面が、いくつかありました。

この映画に限らず字幕の出ない日本映画は、セリフの聴き取りやすさにもう少し配慮が必要だと思います。

Mr.ムービー
日本映画のセリフが聴き取りにくい問題って、あるよね!

キャストについて

何と言っても、石橋蓮司がぶっちぎりで素晴らしいです。

決め台詞は

「ビックリ、どっきり、栗とリス!」

です。

最高過ぎです。

滝藤賢一の役になりきる演技の巧さは、ちょっと言葉では表現できません。

江口洋介の男の色気も、ものすごくカッチョイイです。

役所広司、松坂桃李、中村獅童、ピエール瀧も本当に素晴らしいです。

、役者陣のすべてを石橋蓮司が完全にってしまっています。

Mr.ムービー
ビックリ、どっきり、栗とリス! すごいセリフじゃ!

登場人物について

ベテラン刑事・大上は、捜査のためなら法律を平気で乗り越えてしまいます。ヤクザよりも凶暴で金と女に汚いです。

ヤクザを相手に闘いつつも、警察組織の中で上手に立ち回っていかなければならないため完全なアウトローとしては開き直れず、映画の観客に圧倒的なカリスマを感じさせるキャラクターには仕上がっていません(アウトローとして完全に開き直れないのには、大上なりのちゃんとした理由があるのですが…)。

そこがリアルと言えばリアルです。

ですので、この映画を観る際には『仁義なき戦い』や『アウトレイジ』をイメージしていると肩透かしを食らってしまいます。

松坂桃李が演じた新人刑事・日岡は、頭でっかちで生真面目な若造です。ベテラン刑事・大上の本当のスゴさと偉大さを感じ取る事ができません。

それが若さです。

その若さを乗り越えて現実を受け入れた後にみせる日岡の行動に、映画の観客は、新人刑事が一人前の刑事として成長していく姿を感じとる事が出来ます。

松坂桃李、久々のはまり役だと思います。

Mr.ムービー
松坂桃李って、良い役者なのに役に恵まれていないような気がする!

この映画の見どころ

石橋蓮司の登場するすべてのシーンがこの映画の見どころです。

最高です。

江口洋介もかっこいいです。

時々、挿入されるナレーションが、昭和っぽくてとても良かったです。

Mr.ムービー
石橋蓮司の雄姿を心して観よ!

題名について

『弧狼の血』という題名ですが、確かにカッコいいんですが、今一つ、この映画の題名としては弱い気がします。

例によって、私がつけるとしたら何だろうか? と考えてみました。

Mr.ムービー
真剣に考えてくれ給え! (笑)

それでは発表します。

3

2

1

 

 

『悪のお巡りさん広島死闘篇 ビックリ、どっきり、栗とリス!』

Mr.ムービー
ながっ! でも、悪くない! (笑)

結論

  • 『弧狼の血』、非常に良い映画でした。
  • ヤクザ映画と言うよりは刑事ものの映画です。
  • 結論を知ったうえで、もう一度、映画を観直したら、大上に対する感情移入度もきっと変わるでしょう。
  • この映画もネタバレは厳禁の映画です。
  • 石橋蓮司と江口洋介がとても良いです。
  • 挿入されているナレーションも含めて、昭和っぽさが光っています。
Mr.ムービー
映画館で観るべき映画です!

 

孤狼の血 (角川文庫)

孤狼の血 (角川文庫)

posted with amazlet at 18.05.16
柚月裕子
KADOKAWA (2017-08-25)
売り上げランキング: 109

 

凶犬の眼

凶犬の眼

posted with amazlet at 18.05.21
柚月裕子
KADOKAWA (2018-03-30)
売り上げランキング: 496

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

前に進む。たとえジグザグであろうとも。

Follow me!

コメント