『彼女がその名を知らない鳥たち』ネタバレなしのレビュー 不自然なベッドシーンに苦言を呈す

映画

『彼女がその名を知らない鳥たち』

 

Mr.ムービー
鸚鵡(オウム)って読める? 『僕らが漢字を読めない鳥たち』なんちゃって! (笑)

 

はじめに

『彼女がその名を知らない鳥たち』は、沼田まほかるの同名小説の映画化作品です。

現在、公開されていて観に行きたいと思っているヤクザ映画『孤狼の血』を撮った白石和彌監督の2017年公開作品です。

出演は、蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊と言った布陣です。

劇場に『弧狼の血』を観に行く前の予習として、白石和彌監督の作品を一つ観ておこうと思って借りてきました。

Mr.ムービー
作品紹介いってみよう!

ストーリー

「ストーリーは以下の通り」

十和子(とわこ)は、下品で、貧相で、地位もお金もなく、15歳も年上である陣治(じんじ)とマンションの一室で一緒に暮らしていた。どんなに罵倒しても、つらく当たっても文句を言わずに「十和子のためなら何でもできる」と十和子に尽くす陣治。

男としての魅力をまるで感じない陣治を愛する訳でもなく、十和子はズルズルと自堕落な同棲生活を続ける。働きもせず陣治の収入だけを頼りに生活をしていた十和子だったが、八年前に別れた恋人、黒崎という男をどうしても忘れられないでいた。

黒崎を想い続けている十和子は、どこか黒崎の面影を思い起こさせる水島という男と関係を持って情事に溺れていく。

そんなある日、家に尋ねて来た刑事から、黒崎が失踪していて現在も行方不明であることを告げられたのだった…・。

『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)〈日本映画〉

Mr.ムービー
レビューいってみよう!

これだけは言わせて欲しいこと

何度かベッドシーンが出てくるのですが、映してはいけない部分の隠し方がとにかく不自然です。何だか、『とにかく明るい安村』の「安心してください、履いてますよ」や、『アキラ100%』の裸芸を思い出してしまいました。

そんなに乳首を見せたくないのなら、蒼井優はこんなきわどい映画には出なければよいと思ってしまいました。これは私が、蒼井優の乳首を見たかったから言っているのではありません。映画が不自然になってしまうのです。

はまり役でもあってリアルに感じられていた十和子が、その不自然なベッドシーンによって一気に女優の『蒼井優』という現実に引き戻されてしまうのです。

股間を映してしまわないために松坂桃李にさせた動作は、あれでは完全に『とにかく明るい安村』です。

Mr.ムービー
もうちょっと何とかならんかったんかい?

キャストについて

蒼井優は、地なんじゃないかと思うほど十和子にピッタリでした。

阿部サダヲの冴えない感じも、松坂桃李の軽薄でナルシストな感じも、竹野内豊の胡散臭い感じも、素晴らしかったです。

阿部サダヲの飯の食い方は、本当にだらしなくて最高でした。

Mr.ムービー
飯の食い方って、その人をそのまんま表してるよね!

登場人物について

この映画に登場する人物でギリギリのラインで許せるのは、陣治ただ一人です。それ以外の登場人物は皆、どうしようもないクソ野郎ばかりです。

陣治も、どうしようもない人物ではありますが…。

この映画の見どころ

陣治の十和子に対する想いと行動を『愛』と呼べるのかどうなのか? と自身に問いかけながら物語を楽しむことがこの映画の見どころとなります。

物語の核となる陣治の行動についてはネタバレとなってしまいますので詳しくは触れませんが、私は紛うことなき『歪んだ愛』と断言します。

Mr.ムービー
愛ゆえに人は悲しまねばならぬ! 愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!! by聖帝サウザー

題名について

『彼女がその名を知らない鳥たち』という題名ですが、確かに何かおしゃれなんですが、今一つピンときません。

例によって、私がつけるとしたら何だろうか? と考えてみました。

Mr.ムービー
この企画、いい加減、飽きないのかな? (笑)

それでは発表します。

3

2

1

 

 

『来・来・来・来・来世に賭けちまった陣治はその時、鳥たちを見たのか?』

Mr.ムービー
ながっ! でも、悪くない! (笑)

結論

  • 『彼女がその名を知らない鳥たち』、非常に良い映画でした。
  • 結論を知ったうえで、もう一度、映画を観直したら、陣治に対する感情移入度もきっと変わるでしょう。
  • ネタバレは厳禁の映画です。
  • ベッドシーンがエロいですが不自然です。
  • 白石和彌監督の他の作品も観てみたくなり、『日本で一番悪い奴ら』もレンタルして来てしまいました。
Mr.ムービー
監督さん、ベッドシーン、ギリギリ不自然ですからぁ~! (笑)

 

彼女がその名を知らない鳥たち
(2018-04-25)
売り上げランキング: 426
彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)
沼田 まほかる
幻冬舎
売り上げランキング: 5,332

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

前に進む。たとえジグザグであろうとも。

Follow me!

コメント