ニーチェが教えてくれた人気ブログを育てるために必要な二つの要素

当ブログのジグザグな歩み
ムキ子
筋肉は一日にして成らず!

ニーチェの言葉

人生経験を積むうちに何となく感じていたことを、ニーチェは言語化して理解を深めさせてくれる。

一度も読んだことが無いので分からないが、多分、ニーチェ本人が執筆した書籍は難解だろうと思うので、私は白取春彦さん編訳の『超訳 ニーチェの言葉』から読み始めた。

そこから先、ニーチェの著した書物を読むかどうかは悪魔のポタージュ。いや、神の味噌汁。いや、神のみぞ知る。

ムキ子
笑って(笑)

物事の完成まで待つ忍耐を持つ

「以下引用」

物事の完成まで待つ忍耐を持つ

才能や技量に恵まれていても、物事を完成させることができない人がいる。彼は時間を信じて完成を待つことができない。自分が手をかけさえすれば、どんなことでも完成すると思っているのだ。そのため、いつも中途半端な結果で終わってしまう。

仕事の遂行においても作品の制作においても、じっくりと取り組むことが肝心だ。性急に取り組むほど早く完成するというわけではないからだ。

したがって、物事を完成させるには、才能や技量よりも、時間による熟成を信じながら絶えず歩んでいくという気質が決定的な役割を果たすのだ。

                         『漂泊者とその影』

【『超訳 ニーチェの言葉』 フリードリヒ・ニーチェ〈白取春彦 編訳〉(2010年、ディスカバー)】

確かに今までの自分を振り返ってみても、結果を求めるあまり絶えず無駄な行動をし、性急に物事に取り組んでしまうという事は何度もあった。

進んでいかない現状に焦り、怒り、落ち込む。辿り着く答えは「諦め」になる。

どんなに才能に恵まれていても、技量が優れていても、時間による熟成を信じなければ事は成らないとニーチェは言う。

その上で、絶えず歩んでいくという気質を培わなければ事は成らないとニーチェは言う。

ムキ子
筋肉の成長にも時間による熟成と、絶えず筋トレに取り組む(部位は分けてね♡)気質が必要だね(笑)

人気ブログを育てるために必要な二つの要素

要素① 時間による熟成を信じる

正しい行動をし、準備を整え、なすべきことをなす。その上で時間の熟成を信じる。

私のような雑記ブログを運営していく上での正しい行動とは、

『色々な人と内容のある会話をし、良い映画を見つけて鑑賞し、物の見方を変えてくれるような本を読むといったインプットを積み重ねる』

『インプットした情報をもとに、自分の言葉でその面白さやスゴさをブログ上にアウトプットする』

である。

正しい行動を積み重ねていき、その上で、人気ブログに育つためには時間の熟成が必要であることを信じる。

ムキ子
熟成って、何か美味しそうな言葉だね(笑)

要素② 絶えずブログのための記事を書き続ける気質を持つ

『無駄な努力なんじゃないだろうか?』

『全然、人気出ないなあ…』

『自分のブログ、面白いんだろうか?』

そんな風に思い悩んで立ち止まるのではなく、絶えずブログ記事を書く努力を続けていく。面白いブログ記事を書くためにはどうすれば良いのかを常に考え続ける。

人に読まれて面白いと思われたり、役に立つと感じてもらえたりするようなブログ記事を書く努力を、何年にもわたって継続していく。

ニーチェでさえ、『物事を完成させるには、才能や技量よりも、時間による熟成を信じながら絶えず歩んでいくという気質が決定的な役割を果たすのだ』と言っているのだから。

ムキ子
コツコツやるのがコツ(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前に進む。たとえジグザグであろうとも。

 

Follow me!

コメント